2018年06月14日

スタート

2018614.jpg
2011年11月、大分県出身の私は、祖母に花嫁姿を見せたくて、
宇佐神宮での挙式を撮影して下さるフォトグラファーを探していました。
そんな時、偶然目にとまったのが、クオリティーフォトスクールのHPでした。

この時、素晴らしい写真を手にし、いつか私も人に感動を与えられる写真が撮れたらと思いましたが、その後、二人の育児に追われ、気がついたら子供たちの七五三。
7年の時を経て、挙式を撮影して頂いた方に、再度撮影を依頼し、記念になる写真を撮って頂きました。

私は、助産師として、たくさんの出産を介助する中で、出産を形に、写真に残したいと考えていました。
結婚式の写真を記念に残すように、こども達の生命力や可愛らしさを、写真という形に残したいと思い、クオリティーフォトスクールの門をたたきました。
泣いた顔も笑った顔も、痛そうな辛そうな表情も思い出になる、そんな写真を撮っていきたいと思います。

白木

投稿者 クオリティーフォトスクール : 23:31




2018年06月01日

湘南ベルマーレ 鈴木国友選手

oiwa3-2.jpg
嬉しいニュースが入ってきました。

いつも撮影でお世話になっている桐蔭横浜大学サッカー部のOBで、今季よりJ1の湘南ベルマーレに入団された鈴木国友選手が、先日行われたルヴァン杯で、プロ初ゴールを決めました。

ゴールを決めた直後の笑顔の鈴木選手の写真もニュース記事で掲載されていて、いつも撮影している皆と一緒に見て、とても嬉しくなりました。

大きな体とスピードで、まさにチームの大黒柱といった存在で大学リーグ戦でも活躍されていた鈴木選手。

一昨年、私達スクールで初めてサッカー部の試合を撮影させて頂いた時にも、最後の最後に鈴木選手が逆転ゴールを決めてガッツポーズしていたシーンがとても印象に残っています。

ピッチ内での気合のこもったプレーや勇ましい姿を、沢山撮影させて頂きました。

鈴木選手は湘南ベルマーレジュニアユースの出身で、高校はユースに昇格ならず、地元の高校~桐蔭横浜大学を経ての、古巣の湘南ベルマーレへの入団、となったそうです。

プロ選手になる、憧れのチームへ入団するという目標を持ちながらずっと諦めずに長い時間をかけて努力を続けてこられたのだな、と思うと、とても頭の下がる思いです。

これからの更なる活躍にも期待していきたいです。

大岩

投稿者 クオリティーフォトスクール : 19:10




2018年05月18日

関東学生ハンドボール春季リーグ戦

180518.jpg
5月6日(日)に桐蔭横浜大学女子ハンドボール部の関東学生ハンドボール春季リーグ戦の撮影に行ってきました。

試合直前、ナンバーワン!のポーズや掛け声でチーム全員の闘志と団結力が高まります。不思議とファインダー越しに私も“よしっ!撮る!”と初めてのハンドボール試合の撮影に向けて気合が入っていました。

前半は負けていたものの、後半は見事に巻き返しをして桐蔭横浜大学が逆転勝ち!

同点に追いついた時の監督・チームメイト・応援席から湧く歓声やガッツポーズも感動的なシーンの一つでした。

前半30分・後半30分ほとんど時間が止まることなく進行していくハンドボールの試合。

以前に何度か練習を見ながら撮影をさせもらい試合をイメージすることはできていましたが、目の前で行われている戦いを狙い通りに撮影することは容易ではありませんでした。

もっと予測する力と瞬時の判断力を鍛える訓練をしなくては・・・と痛感せずにはいられませんでした。

スポーツ撮影を始めるまではハンドボールをTVでも観たことがありませんでした。ルールを知り実際に試合を見たところ、私はこのスポーツに夢中になってしまいました。ハンドボールはスピード・瞬発力・ダイナミックさが魅力である激しいスポーツ。

簡単ではありませんが、今後もこの素晴らしさと感動が伝わるパフォーマンスを撮りながら、スポーツ写真の可能性を探っていきたいと思います。

Chika

投稿者 クオリティーフォトスクール : 19:41




2018年05月07日

新しい相棒!

DSC_1221_2.jpg

ある日雑誌の特集でふと目に留まった
”ハーフサイズカメラ”。
2コマを1枚に残せるという表現に魅力を感じ、一眼レフタイプのオリンパス・ペンFを買ってみることにしました。


1960年代生まれのクラシックカメラ。
最近、とくに子どもを撮るようになってからは、デジタルやスマホで簡単に撮影を済ませることも増えましたが露出計で露出を測り、フィルムを巻上げ、手動でピント合わせをするという原点に立ち返るフィルムカメラの感覚を久しぶりに楽しんでいます。


作品は今後フィルム女子のブログにもUPしていきたいと思っていますのでよろしければそちらもご覧ください!


藤井 藍

投稿者 クオリティーフォトスクール : 21:18




2018年04月23日

天皇杯予選準決勝

18423.jpg
4月22日にShonanBMWスタジアム平塚で行われた、桐蔭横浜大学サッカー部のチーム、TUYが出場する神奈川県の天皇杯予選準決勝の撮影に行ってきました。

天皇杯の予選という事で、普段の公式戦とは違いプロチームと対戦する事もあるこの大会。この日の対戦相手はJ3のSC相模原でした。

SC相模原のゴールキーパーは、去年まで桐蔭横浜大学の選手として同大学のゴールを守っていた田中雄大選手です。

再三にわたるTUYのシュートを田中選手に好セーブされる、という流れで試合は展開していきました。

スタンドには<田中雄大>と大きく書かれた横断幕も掲げられ、田中選手がセーブする度に、相模原のサポーターの皆さんからは大歓声が上がっていました。

沢山の人達の期待や応援を受けながら、それにしっかりと応える田中選手。プロ選手としての、より一層パワフルな気迫あふれる姿を見させてもらいました。

そしてその田中選手が守るゴールに向かい、プロチームを相手に全力で立ち向かっていく桐蔭の選手達も熱のこもった激闘シーンの連続で、躍動する瞬間を沢山撮らせて頂きました。

試合終了後、田中選手が桐蔭のベンチまで駆け寄ってきて、昨シーズンまで一緒に戦っていた監督、コーチをはじめとするチームの皆さんと笑顔で握手していた姿は、スポーツマンシップあふれる瞬間でとても印象的でした。

これからも桐蔭横浜大学の選手達、そしてOBの選手の方達の活躍を応援していきたいです。

大岩 朱実

投稿者 クオリティーフォトスクール : 09:01




2018年04月16日

新しい命の誕生

180416.jpg
先日、我が子が誕生しました。


妊娠してからずっと、まだかまだかと待ちに待った十月十日。
里帰り出産のため、最後の1ヶ月間は実家の富山で過ごしました。富山の空気、水、食べ物のおかげか、お腹の子供はさらに大きく育ちました。
私自身も、改めて富山の自然の恵みにに触れることがでました。


出産当日は、命を誕生させることはこんなにも大変なのか!と痛く辛い戦いでしたが、戦いの末、赤ちゃんの産声を聞いた時は「私も産むことができた!」と今までに味わったことのない喜びが待ってました。
「守ってあげたい!」
自分が母になってようやく自分の両親が私をどんな気持ちで育ててくれたのか、ということが分かるスタート地点に立てた気がします。


これから、我が子の成長を写真でたくさん残して想い出いっぱいにすることが楽しみです。


「生まれてきてくれてありがとう」


松田恵美

投稿者 クオリティーフォトスクール : 22:35




2018年04月10日

桐蔭生涯学習センター 楽しい写真講座

AOA_2530-z.jpg
地域連携・桐蔭生涯学習センター楽しい写真講座、15年目の春、4月期、新しいメンバーを迎えて本日よりスタートしました。(写真は、午前クラスの皆さん)
早速、この講座の特徴である、先輩受講生が、新メンバーの皆さんを、やさしくリードされている場面が見られ、私たちスタッフ一同も、あらためて気持ちを引き締めて、講座運営に努めなければいけないと、決心した
一日でした。

投稿者 クオリティーフォトスクール : 19:45




2018年03月25日

産休明けの初授業

180325.jpg
講師アシスタントを担当していたJTBサロン横浜のカルチャースクールに、先日、子供連れという形で復帰させていただきました。

ベビーカー同伴で久し振りに教室に現れた私を、受講生の皆さんはとても暖かく迎え入れてくださいました。
子供の顔を、にこにこと覗きこんでは、優しい言葉を掛けてくださる受講生の皆さん。私も心がほっこり嬉しくなりました。

ベビーカーで子供が、すやすや寝ている合間に、いつものようにアクセサリーを撮影。
それをテレビ画面のモニターに映しながら解説している最中に……ハプニングが!
なんと、子供が泣き出してしまったのです。

だというのに、受講生の皆さんは、赤ちゃんだから仕方ないよねと、おおらかに笑ってくださいました。
その優しさに感謝しながら……ぐずる我が子を抱っこしてあやしつつ、なんとか無事に最後まで解説することが出来ました。


子供が生まれてからは、何をするのも子供中心になり生活が一変しました。
けれど産休後に、こうして以前と変わらず写真と関わっていくことが出来る場所が待っていてくれていた──。そんな環境に恵まれた自分は、とても幸せです。

この環境を作ってくれたスクールの仲間、カルチャースクールの受講生の皆さんに感謝しつつ、子供と一緒に、新たな気持ちでこれからも写真と向き合っていこうと思います。

長島

投稿者 クオリティーフォトスクール : 20:52




2018年03月21日

桐蔭横浜大学女子ハンドボール部

18321.jpg
1月から、桐蔭横浜大学女子ハンドボール部の練習を、撮影させて頂いています。

小さなボールで物凄く速いパスをしながら走り回る選手達を望遠レンズで追いかけるのは本当に難しく、何度も撮影の練習に通わせて頂きました。

ジャンプして空中でシュートする瞬間や選手の力のこもった格好いい表情が撮れた時などは、私達も前進できているのかな?と少し嬉しい気持ちになります。

そして昨日はさらに嬉しい事がありました。

大学内で私達の撮影した運動部の写真を、各部の監督に選んで頂き、パネル展示しているコーナーがあります。
毎回どんな写真が選ばれるか、とても楽しみにしているのですが、早速、始まったばかりのハンドボール部の展示の様子を、チームのツイッターで紹介して頂きました。

https://twitter.com/toinhandball?lang=ja

私達の撮った写真を囲みながら、チームの皆さんで盛り上がって頂けたようで、本当によかったです。


また、撮影の機会だけでなくこの様な展示スペースまで設けて下さり、大学の皆様には、大変感謝しております。


さらに充実した展示になる様に、各チームの皆様に喜んで頂けるように私達も練習を頑張らなければ!と思いました。

大岩 朱実

投稿者 クオリティーフォトスクール : 09:50




2018年03月15日

桐蔭横浜大学女子柔道部

j-2.jpg
三枚目の写真 前列、一番左

エクアドルナショナルチームコーチ
ホセ・ロメロ さん

後列、左から3人目
リオオリンピック
100kg超級代表
フレリ フィゲロア 選手

前列、右から2人目
リオオリンピック60kg級代表
レニン プレシアノ 選手

前列、左から3人目
ロンドン、リオオリンピック63kg級代表
ステファニー ガルシア 選手

--------------------------------------------------------------------------

先日のブログでもご紹介しました、

桐蔭横浜大学女子柔道部の撮影に今回も伺ってきました。

この日は、練習の最初から物凄いオーラを放っているパワフルな外国人選手が出稽古に来られていたのですが、後で監督に伺った所、何とエクアドルナショナルチームのロンドン、リオオリンピックの63kg級代表、ステファニー ガルシアさんでした。

柔道部の選手達も代わる代わるガルシアさんと乱取りの稽古をしていて、

とても熱のこもった練習風景を撮らせて頂きました。

練習後には、同じナショナルチームのコーチと男子選手の皆様も集まって、全員で記念写真も撮らせて頂きました。

柔道部の選手達も、練習時とは変わって楽しそうに笑顔で写真を撮り合っていた姿がとても可愛らしかったです。

また私自身、この一年半の間の出来事を思い返してみても、スポーツの撮影を始めていなかったら絶対に出会えていなかったような各競技の様々な経験を持つ方と接したりお話する機会を沢山頂いてきました。

撮影しながら色々な事を勉強させて頂いてきたこの期間、本当に貴重な有難い経験をさせて頂いているのだな、と実感した1日でした。

こらからも感謝の気持ちを忘れずに、皆と一緒に撮影を頑張って行きたいと思います。

大岩 朱実


投稿者 クオリティーフォトスクール : 06:50




2018年03月02日

写真展のご案内

18302.jpg
3月から里帰り出産で富山に戻ります。


新しい命を授かってから、生活スタイルが一変しました。
改めて写真の勉強により多くの時間を費やすようになり、今まで知らなかった知識や経験が身につきました。
また、新たにスポーツ撮影に挑戦することができ、撮影の幅がぐっと広がりました。


もちろん、生活の変化に不安もありました。
でも、妊娠してもこれだけ前進できるのは産後でも戻れる場所がある安心感があるからです。
スクールの仲間が、その場所を継続して守ってくれていること。
それは自分一人ではできないことです。
そんな環境に恵まれていることって幸せだなあ、私が歩んできた今までの道に間違いはなかった!と幸せに感じます。


今、私にできることは、春に富山で無事に出産すること。
私の生まれ育った自然豊かな富山で、新しい命が誕生するのがとても待ち遠しいです。


そして富山帰省中に、富山で写真展を開催する機会をいただきましたのでご案内させていただきます。
昨年東京で開催したスイスの写真展を富山でもずっとやりたいなと思ってました。スイスと同様にアルプスになじみのある富山の方々に、スイスの風景をどのように感じてもらえるのか楽しみです。


「スイスの世界〜伝えたいスイスの魅力〜」


日時:2018年3月5日(月)〜 4月6日(金)
9:00〜15:00(銀行営業時間内)
場所:北陸銀行八尾支展 ロビー
   〒939-2354 富山市八尾町東町2108
TEL 076-454-3101


詳しくは富山風景写真サイトのお知らせをご覧ください↓
https://www.mmatsudaphoto.com/suisuteninyatsuo/


松田恵美

投稿者 クオリティーフォトスクール : 10:30




2018年02月25日

桐蔭横浜大学女子柔道部

25-111-3-z.jpg
1年ほど前から、桐蔭横浜大学の運動部の皆様にご協力頂きスポーツ撮影の勉強をさせて頂いています。

今年1月から、女子柔道部も撮影させて頂く事になりました。

以前から、女性の武道家に、凄く憧れをもっていたのですが間近でみるのは初めてでしたので、練習の様子等どういうものなのだろう?と、とても楽しみにしていました。

実際に練習を見せて頂くと、最初のランニングやストレッチから技を掛け合ったりする実践の練習まで、選手達はずっと真剣な力強さに溢れた表情をされていて、私達も皆、その姿に夢中になってシャッターを切っていました。

また一方で練習の前後や休憩中は皆さん凄く明るくて、仲良く楽しそうにしていた姿も印象的でした。記念写真の際には、さわやかな可愛らしい笑顔も沢山見せて下さいました。

女子柔道部の監督は、元日本代表の岡 明日香さんです。

2007年のアジア柔道選手権大会、ドイツ国際柔道大会で金メダルを獲得されるなど数々の国際試合で活躍してこられた方で、私達にもとても親切に笑顔でお話し下さり、初対面とは思えないような話しやすい雰囲気を自然と作って下さる優しい方です。

監督のキャラクターとも相まって、道場の中は、女性らしい柔らかさや明るさと、世界の大舞台で培われた勝負に対する厳しさも感じられる雰囲気に満ちていて、私達も撮影しながら、チームの皆さんから気合いやパワーを分けて頂けたような気がしました。

これからも、選手の方々の一生懸命に頑張っている姿、沢山残していきたいと思います。

桐蔭横浜大学女子柔道部の皆様、撮影のご協力、本当にありがとうございます。

※女子柔道部のホームページ内(ギャラリー)で、撮影した画像をアップして下さっています。

ぜひご覧ください。

http://wjudo.toin.ac.jp/album

大岩 朱実

投稿者 クオリティーフォトスクール : 15:22




2018年02月15日

休日の過ごし方

18215.jpg
毎日寒い日が続いていますが、冬は空気が澄んでいて景色がとってもきれいです。

写真の勉強を始める前まで、そのことに気付かなかったなんて、今考えると不思議です。

用事が入っていない休日には家族で出掛けるようにしています。

もちろん家族と楽しい時間を過ごすためでもありますが、もう一つの目的は撮影練習です。

夫はおいしい昼食を楽しみに、娘は新しい体験ができるかも、と付き合ってくれます。

先日は、以前から気になっていた「西湖癒しの里根場」に行ってきました。

富士山を背にした茅葺き屋根に雪が残り、心がすっきり落ち着くような素敵な景色をみることができました。

個々の建物はそれぞれ、食事や民芸品店、くつろぎスペース、体験工房などになっていてゆっくりとした時間が流れています。

桜が咲く頃、ぜひまた行ってみたいと思います。

清水

投稿者 クオリティーフォトスクール : 15:45




2018年02月01日

SC相模原 田中雄大選手

180201.jpg
桐蔭横浜大学サッカー部・田中雄大選手のJリーグ・SC相模原への加入が決まりました。

関東大学サッカーリーグ戦(1部)を、撮影をさせて頂いていることもあり、私達にとっても嬉しいニュースでした。

ピッチにあがれば気迫あふれるプレーをし、応援している時もチームメイトと一丸となって声援を送っていた田中選手の姿がすぐに浮かんできました。

私達がスポーツ写真展を行った際には、井上大地選手と一緒に来場され、

「写真を見ている様子を撮影してもいいですか?」と声をかけたところ、

ユーモアがある一面を見せてくれたことも思い出しました。きりっとした表情でパネル写真を見ていて、「写真はもらえますか?」と聞かれた時には選手達に写真が必要とされることが伝わってきて、撮影をさせていただいている甲斐があるなと実感したこともありました。

プロサッカー選手になる夢を実現した田中選手の加入記者会見で見せた笑顔は、同じように夢を持っている選手達へエールを送っているようにも見えました。

今後のご活躍も応援し続けたいと思います。


Chika

投稿者 クオリティーフォトスクール : 17:03




2018年01月25日

15周年 桐蔭横浜大学 地域連携・生涯学習センター 写真講座

toin-z.jpg
2004年に開講した桐蔭横浜大学 地域連携・生涯学習センターの写真講座が、お陰様でいよいよ15年目に突入です。

開講当初は10名にも満たない少人数クラスでしたが、回を増すごとに人数も増え、2クラス制になってからは毎期定員一杯の盛況ぶりです。
何期も引き続き受講して下さる方が多く、気が付けば、もう10年来のお付き合い...なんて受講生の方もいらっしゃいます。

そんなベテラン受講生の方々が教室を盛り上げ、リードして下さるので、新規受講生の方々もすぐに馴染んで頂けているように感じます。


15年という長い歳月の中で、延べ900名の方がこの写真講座を受講して下さいました。
私自身、クオリティーフォトスクールに入学して間もなく15年目。写真講座のアシスタント歴も同じく 15年目になります。
延べ900名という数字を意識したことはありませんでしたが、これほど多くの方々と関わることが出来たのはこの講座があったからこそ。

以前、ある受講生の方が「ここで写真の勉強を始めて10年。この10年間が人生で一番充実していたよ。」と話して下さったことがありました。
ここでの時間をそんな風に思って頂けるなんて嬉しい限り。また、微力ながらそのお手伝いが出来たことが幸せだなぁと感じる瞬間でした。

写真とカメラという共通のツールで、性別や年齢を超えて、個性とセンスで刺激し合える環境に身を置けたことは、私にとっても有意義な時間だったと思っています。


講座での授業内容も15年の内に色々と出来ることが増えていき、写真展などのアドバイスや野外撮影実習なども積極的に取り入れるようになってきました。
最近では、桐蔭横浜大学の運動部の皆様のご協力もあり、野球、サッカー、柔道、剣道、ハンドボールなどのスポーツ撮影にも挑戦しています。


たくさんの方の支えやご協力のもとで今があるということに感謝し、これからも楽しく写真を学べる場所をご提供出来るよう、日々努力していきたいと思います。
次は講座開講20周年のご報告ができますように...。


改めまして、写真講座受講生の皆様、センターの事務スタッフの皆様、桐蔭横浜大学運動部の皆様、いつもありがとうございます。
これからも末永いお付き合いの程、宜しくお願い致します。


岩﨑智奈津


投稿者 クオリティーフォトスクール : 06:42